鬼女様.com

> 実両親・実兄弟姉妹

カテゴリ: 実両親・実兄弟姉妹

コメント(0)

778: 名無しさん@おーぷん 20/09/20(日)17:01:42 ID:sT.ax.L1
リアルでは言いにくいからここで吐き出させてほしい。
だいぶ昔に離婚した父親が亡くなった。
父親は出世してお金持ちになってて再婚相手との異母兄弟もいた。(自分はアラサー、異母兄弟は小学校低学年くらい)
自分は片親で苦労した分、異母兄弟に使っても余るくらい遺産があるなら遺留分くらいはもらいたいって
ほとんど記憶のない父親なのに遺産の皮算用してる自分が嫌だ。
結婚式を予定しててお金を貯めないといけないのに旦那に給付金まるっと使い込まれて心に余裕がないのが嫌だ。

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part128

コメント(1)

979: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)12:48:15 ID:mQ.zf.L1
昔から家族(特に母親)から「お前は不細工だから」と
言われて育てたれた。

母親は毒親でなく、客観的に見れる親。
対して父親は「可愛い可愛い」ばかり。

引用元:何を書いても構いませんので@生活板80

コメント(0)

375: おさかなくわえた名無しさん 2016/08/13(土) 18:53:27.71 ID:0eInnqBQ
母が急に電話で「父がいない」と泣きながら言うので事情が分からず慌てて実家に戻ったら父に出迎えられた
いるじゃん、と思ってたら奥から母親が出てきて私に向かって「まぁどちら様?」と
目の前にいる私と父をそうと認識できなくなってた
どうしていいのか分からず「この人(父)は身の回りのお世話を手伝ってくれる○○さんよ。私は娘さんの代わりに様子を見に来た××よ」と無理やり誤魔化した

引用元:今までにあった修羅場を語れ 30話目

コメント(0)

28: 名無しさん@おーぷん 20/08/30(日)14:03:19 ID:g4.x3.L1
妹に張り合ってばかりの人生だった
もう自分の幸せが何なのかよく分からない

私:既婚、1歳の子持ち
妹:2歳下、独身一人暮らし恋人無し

小さい頃から妹は私の真似ばかりしていた
何でもお姉ちゃんと一緒がいい、お洋服は色違いがいい、お姉ちゃんが習字をやるなら一緒にやりたいといつも着いてきていた
昔はそんな妹を可愛いと思っていた

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part128

コメント(0)

236: 可愛い奥様 2020/08/03(月) 00:27:51.61 ID:Il6+Jhf00
先月、少し離れた所(過疎地)にいる実家の親が具合が良くないというから、
私の住んでる所の大きめの病院に連れて行った

うちに泊まって病人食も作って、身体の詳細な検査してもらって、念のためもう一件病院に行って結局は自律神経系の不調という事になった
大きい病では無くてホッとしたけど治りにくいらしい
先週、親がまた近くの病院に行って薬変えてもらったらしいんだけど、同じく不調になり、またこちらの別の病院に行きたいと
不調になってから親の地元の病院で4件

引用元:奥様が文句や愚痴を言いたくなったらくるスレ

コメント(0)

132: 名無しさん@おーぷん 20/08/08(土)21:45:27 ID:on.ud.L2
5つ年上の姉と二人姉妹だが、子供の頃から両親から「養子を貰って同居してもらえる相手と」と
くどいほどに言われ続けてきた。
でまぁ、色々あったんだけど、姉も50代に、私も40代後半となり
姉は未婚のまま、私は結婚して二児の母になっている。
姉と妹の立ち位置や性格の違いもあるんだろうが、姉は親に逆らえず婚期を逃し
私は大反対を受けながら結婚し、勘当されていた時期もあった。
二人目の子供が生まれた頃に、従妹経由で連絡取ってきて一人でホテルで会った。
(自宅に来てほしくなかった。魂胆が分からなかったから)

引用元:何を書いても構いませんので@生活板93

コメント(0)

170: 名無しさん@おーぷん 20/07/16(木)20:16:36 ID:gE.am.L1
両親との同居話が出てるんだけど悩んでる。長文ごめん
うちの父親は世間一般で言うといいお父さんで、私たち3姉弟全部の行事に絶対来てくれるし遊びに連れてってくれるような人だったのね。外面はすごい良かった
でも何か虫の居所が悪かったら頭をぶん殴ったり(これは母が厳しく言ってやめたけど)、イチャモンつけてこちらが泣くまでなじったりする人だった

そのスイッチもよく分からない上にやたら浅い所にあったから外出の度に絶対1回は泣かされた。だから父親と出かけるのは嫌だった
正直下手の横好きなのにキャンプが好きで、やれ火がつかない、テントが建てられない、肉を焦がした…で不機嫌になって子供に当たり散らす。帰ってきてからもネチネチと「あの時お前らが手伝わなかったから~」「おらはものぐさで自分でやろうとしない」
と掘り返してくる。手を出したら烈火の如く怒るくせに
極め付けはペットのウサギが死んだ時。家族が悲しんでる中記念撮影しようとか実際亡骸を写真に撮ろうとしたり、火葬待ちに控え室に通されてもあちこちフラフラしたりお菓子を貪ったり落ち着きがなくて弟に「さすが落ち着け」と窘められる始末。

それでまた不機嫌になる。同室の他の家族に引かれてて恥ずかしくて居た堪れなかった。
と、父親との思い出で何もかもろくなことが無いことに気づいた
だから私が小6の時から単身赴任を6年してくれたときは正直ホッとした。多分多感な時期にいられたらものすごく病んでいたかも知れない。
ちゃんと親として社会に出るまでお金は出してくれたしそこは感謝もしてる。だけど「俺はいい親だった。孫にも良いことをやってやれるだろう」とご満悦な顔を見てるとモヤモヤしてしまう。

こんな人と同居した時、孫にあたる私娘にも悪影響が及ばないかと考えて同居を踏みとどまってしまうんだよね、毒親ってほどじゃないけどモラハラというか発達っぽくて。
母はほぼ1人で思春期の子供を見てくれていたし全力で恩義に報いたいんだけど、ただ父親がいるだけで本気で悩んでいる。もし母が先に逝ってしまったら…介護をしなくてはいけなくなったら…と考えると気持ちが暗くなってしまう。
なんかほぼ愚痴だな、ごめん。

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part127

コメント(0)

513: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)06:51:23 ID:jW.os.L1
兄夫婦が離婚した。事前に何にもなくてちょっと青天の霹靂。
理由は兄が家事雑務を全て兄嫁(今は元だけど)に一任し()、兄は何もやらなかったんだと。
ふわっと聞くと兄嫁は結婚と同時に家庭に入ったから家事をやるのはそうなんじゃない?と思うんだけど、その家事の線引きが凄かった。
朝:兄を起こす。着替えを手伝う。朝食のテーブルまで移動させる。食事を見届け、会社へと見送る。
(昼:洗濯掃除買い物、昼食夕飯などの家事に加え、義実家や兄上司(社宅)などへの配慮)
夜:兄の帰宅時間に合わせて晩ご飯準備。帰ってきた兄が脱ぎ散らかした服を後ろから集める。お風呂に夕飯。晩酌の相手。
深夜:兄が寝た後に兄のスーツなどの明日の準備。
これら全て兄嫁さんがやってたそうだ。そして4ヶ月で発狂した。私は主君に使える奴隷じゃないと。
兄は専業なんだから当たり前と言ったそうだが、役割として兄が金を稼ぐ、兄嫁が家事をする、となったのはいいとして、人間としてやるべき範囲を兄嫁にやらせるのはどうなのか?
いい大人の着替えを手伝ったり、ぴょんぴょんと脱ぎ散らかした靴下や背広を後ろから集めさせるのは、正に従者や奴隷にやらせる行為では?
真っ当な大人だったら1人で着替えるし、床に衣服を脱ぎ捨てて放って置かないだろう。
もしそれがまかり通るなら、専業の妻は夫が稼ぐ金を当然と受け取り散財し、もっと稼いでこいというのが「当たり前」という事になるのでは?
これを聞いたのは母からだが、所用で寄らせてもらった時に会った新婚のはずの兄嫁が能面みたいに感情をなくしていたらしい。
そしてなんやかんやあった後、結果母が謝りながら離婚を勧めたという酷さ。
兄は母が離婚を兄嫁に勧めたから「裏切り者」と憎々しく思っているらしいが、母は離婚してくれた事に安堵し喜んでいる。

その神経がわからん!その57

コメント(0)

ただ聞いて欲しいの!ハイ聞きましょう568

714: 名無しさん@HOME 2020/02/28(金) 11:19:31.08 0
毒親と縁切りたい
社会人1年目で結婚したから私ほとんど貯金なくて夫が結婚式の費用全部出して挙句奨学金まで返済してくれた
家建てるときも私は専業主婦で稼いでないから夫がお金全部出してる
母親は全部事情知ってるのに同居迫ってくるし老後の面倒まで見させようとしてる
夫に申し訳なさすぎる
なんでうちの親はこうも厚かましいんだろう
その血が流れてるって考えたら鬱だ
本当に情けなさ過ぎて泣けてくる
恥ずかしい

コメント(0)

ただ聞いて欲しいの!ハイ聞きましょう533

91: 名無しさん@HOME 2018/10/02(火) 13:56:55.01 0
夫が仕事を辞めたいというから次を決めてからやめてと言ったらキレた
「お前には思いやりというものがないのか!」
とプリプリしながら出勤した
高3を筆頭に4人の子供
赤字自営にしがみつく義両親を抱えて
お前が無職でいられると思うな!と心の中で毒づいた
妻が同年代男性平均並みの収入があると思うと甘えたくなるものなのか
これなら分かれて子供4人育てた方が楽な気がしてきた

┃管理人おすすめの厳選10記事



このページのトップヘ