22: 名無しさん@おーぷん 20/11/20(金)02:39:56 ID:0f.od.L1
こんな時間だけどレス流し。

以前私はデザイン系の仕事をしていて、自分で言うのもなんだけどそれなりに仕事出来る方だった。
私を直接指名して依頼してくれるお客さんを少なくなく、忙しいながらも割と充実した日々を送っていた。
それがある日突然、普通に出勤して仕事の続きをしようとすると、構図やら色彩やら、今まで当たり前の様に
出来ていた、思い浮かべて形にしていた事が、本当に何も出来なくなった。
ソフトの操作方法は分かるのに、何をどこに配置するのか、イラストはどんな感じにするのか。
自分でも驚くぐらい、何も思いつかず、その日はマウスを動かしながら考えるフリをするだけで終わってしまった。

引用元:何を書いても構いませんので@生活板98



\厳選5記事のご紹介/

知識として、ここはどうすれば良いのかというのはあるから、何とか納品出来るものは作ったけど
後から客観的に見返したら、酷いデザインばかり…
言い方は悪いけど、素人のクライアントならパッと見の綺麗さで騙せるけど、ちょっと詳しい人なら一発で
「これはおかしいですね」「無いですね、センス悪いですね」と言われても「ごもっとです」としか言い様が無い代物だった。
後になって元同僚に教えて貰ったけど、酷い時の私の仕事は「(私名義ではあるけど)アシスタントがやった」
「(今までの仕事も含めて)ゴーストのデザイナーがやっていた、私は表向きの看板担当」等と噂される程度には、客観的な評価も低かった。

今までそれなりに仕事出来る方だと自負していた、決して少なくない給料を貰っていた事もあり、こんな酷い仕事でお金を貰うなんて……
と鬱気味になってしまい、自分の抱えていた仕事だけは何とかこなしたり、他の人に頼んだりして処理した後、逃げる様に仕事を辞めた。

23: 名無しさん@おーぷん 20/11/20(金)02:40:17 ID:0f.od.L1
それからはとりあえず事務の派遣に就き、何となく入ってたスポーツジムで汗を流しながら「ジムの会費も馬鹿にならないし、そろそろ辞めないとな」
と思っていたら、不思議な事に気がついた。今まで30分も走ればゼエゼエで休憩していたランニングやエアロバイクが、1時間やっても平気でまだもっと続けられる様になった。
一、ニ回だけやって後はやらなかったホットヨガ、エクササイズなどのコースにも急に興味が出て参加する様になり、プログラム内もバッチリこなせる様になった。
今まで25m泳ぎ切るだけで精一杯だったプールも、50m、100m、余裕で泳げる様になった。
運動神経はあまり良くない方だと思っていたから、本当に不思議な感覚だった。

現実から逃げる様に運動にのめり込み、ジムに通い詰める内、今まで交際があったメンズとは打って変わって
同じジムに通っていたスポーツ大好きなマッチョマンズとの交流が徐々に増えて行った。
そんなこんなでその内の一人と付き合う様になり、付き合っていたら妊娠し、そのまま結婚・退職。
今では夫、まあまあ良トメと同居しながら子育てをして、それなりの生活を送っている。

今でもたまーにイラストを描いてみたりデザインをしてみたりするんだけど、やっぱり「素人が頑張りました」程度以上の
代物にはならず、夫や義母からは上手だね、さすがは元プロだねって褒められるけど、内心は複雑。
その代わりに今までは一度だけやって飽きるか満足してた、自宅で出来るホットヨガとか、エクササイズの動画なんかを
観ながら体を動かしている。不思議と飽きないし、デザインの仕事をしていた時はふくよか気味だった肉体も、それなりに絞られて
夫に綺麗だねと褒められる程度にはプロポーションを保てている。


今では華やかなデザイナーの仕事をしていた時が嘘みたいなんだけど、今でもあの「急に出来なくなった」感覚は不思議でたまらない。
昔はちゃんと上手な絵を描いていたデザイナーやイラストレーターが酷い仕事をする様になると、ネットでは「手抜きが酷い」だの
「今までのはパートナーがやっていたが逃げられたから下手糞になったw」だなんて叩かれてたりする事もあるけども
本当にある日突然、感覚というか、センス的なものがパッと消えて、魔法が解けたみたいになる事もあるんだよとは言いたい。
全ての急に下手糞になった人達が同じでは無いんだろうけど。

26: 名無しさん@おーぷん 20/11/20(金)06:47:27 ID:so.9i.L4
>>23
多分、そういう時に
憑き物が落ちた
とか言うんじゃあるまいか?

27: 名無しさん@おーぷん 20/11/20(金)06:59:24 ID:b5.d0.L1
>>23
不思議な話だね
人生の転換期ってやつだったのかもね

33: 名無しさん@おーぷん 20/11/20(金)12:46:20 ID:gF.kl.L4
>>23
実は生死に影響ない程度の隠れ脳梗塞発症していて、今まで仕事に使っていた部分が死んじゃったとかかもね

34: 名無しさん@おーぷん 20/11/20(金)13:42:12 ID:0f.od.L1
>>26
デザイナーとして積み重ねて来た知識自体は残っているから、不思議なんですよね。
今までの努力が全部フイになってしまった悲しさは今でもあります。

>>27
本当に人生が変わってしまいました。
今までは職業柄商社の男性などともお付き合いがあったりもしたのですが
今では夫の仕事・交際範囲の関係で、ジムのインストラクターや、体を鍛えるのが趣味の一般サラリーマン
体を使う系の公務員に、格闘技やってる人など…むさ苦しい人ばかりです(^_^;)
それが不思議と嫌じゃないのが、自分でも不思議です。

>>33
脳の異常を疑って、何箇所か検査には行ったのですが、何れも問題は発見されませんでした。
良いデザインが出来なくなった、という事実自体に半信半疑なお医者もいましたが。
詳細な原因は今でも分かりません。「魔法が解けた」という表現が的を得ている様な気がします。

35: 名無しさん@おーぷん 20/11/20(金)15:46:18 ID:ov.iz.L1
>>34
世間的にはそれをスランプ、と言って誰でも経験するものなんだけど
主な原因としては、アウトプットばかりが続いてアイデアが枯渇してしまった状態

インプットする時間が足りないと起きる
私はゲーム関係だけど、ゲームメーカーはやたらと社員旅行するし、あらゆる資料本はもちろん、映画やテーマパーク等の娯楽費用が経費で落ちる企業もある
知識のインプットと他者からの刺激を受けることで脳を活性化させることはとても大事

あなたは脳が磨耗&疲弊するほど頑張って仕事をこなしていたんだよ
ただ、自分の時間が足りなさ過ぎただけ
今のびのびしていられるのは脳より体をより多く使っているから

もし、今後マイペースでデザインをやりたくなったら企業が募集している単発コンペや何かのコンテストに応募してみるといいよ
公募ガイドや登竜門のサイトにいろいろある
やる気起きなくてもそれは現状が幸せだから、ってことでww


\厳選15記事のご紹介/